2008年09月28日

【邦画】おくりびと

おくりびと

 おくりびと
 るんるんるんるんるんるんるんるん
 お勧め度75%


あらすじ

リストラを機に帰郷した、チェロ奏者の大悟。
高給と短い労働時間にひかれ、求人に応募した彼だが、
その内容は棺へ遺体を入れる納棺師という仕事だった。
戸惑いながらも大悟は、さまざまな境遇の遺体と
対面していくことに


=======================================================

感想

レビューがものすごくよく、
邦画ファンとしては、とりあえず足を運びました。


正直。


そこまでのものか??

と思いました。



昔ながらの邦画で、
展開も読めやすかった印象を受けます。


テーマとしては良いと思います。


納棺師という仕事の存在を世に広めただけでも
意味はあると思います。


しかし、色々な点が惜しかった。
わかりやすすぎる。
話のピークがずれている。
伏線がクサイ。


個人的にはもうひとつながらも
一般評価の高さのため、ハードルが高かったことを考慮して
70点くらいだけれども。
クセがないので人に薦められないことはない。


ただ、この映画、山崎努はよかった。
緒方拳を超えた。


おくりびと ホームページ
http://www.okuribito.jp/

++++++++++++++++++++++
2008 松竹
監督:滝田洋二郎 
出演:本木雅弘  広末涼子  山崎努 
   余貴美子  吉行和子  笹野高史  







posted by オーゴン at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

【タイガース】味方への野次って・・・

デイリーより抜粋

延長十二回に最後の打者となって引き分けとなると、一塁ベンチ上の観客からヤジが飛んだ。それに対して何やら、激しく言い返す場面もあった。途中で球団関係者が制止に入ったほどで、最後はバットでベンチ前の柵をたたいて引き揚げた。

http://www.daily.co.jp/baseball/2008/09/24/0001474824.shtml

---------------------------------------------------------------

どちらのファンかは書いていませんが、人数から行っても
流れからいっても、普通、まあ、タイガースファンでしょう。

昭和の頃の野次もヒドイと聞きますが、
今も一緒ですね。

選手(赤星)を本気で怒らすなんて、何をいったのでしょうか?

野次の内容はしりませんが、味方を野次って何かいい事があるでしょうか。

結局、野次った人は、ただのストレス解消で来ている訳で
これは迷惑です。
本当のファンなら辛いとき、厳しいときほど信じて応援してあげないと。

優勝に向けて、一つも負けられないときに一生懸命じゃない人はいません。

阪神が強くなり、なかなかチケットが取れなくなりました。
こんなニュースを見るたび、消えてくれと思います。

今年の今岡への態度もしかり、です。
大変な時こそ支えになってあげられて、初めてファンと言えるのでは?

そうじゃないやつは、球場じゃなくて家でワンカップでも飲んどけ!

posted by オーゴン at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

【邦画】ぼくたちと駐在さんの700日戦争

bokutyu.jpg


 ぼくたちと駐在さんの700日戦争
 るんるんるんるんるんるん
 お勧め度72%




あらすじ

リーダーの“ママチャリ”ら7人の高校生はイタズラを仕掛けることに夢中。だが、そんな彼らにリベンジしてくる勇ましい警察官が出現。互いに妙な闘志を燃やし始め、法スレスレのイタズラ合戦は、思わぬ方向へと進む。


=======================================================

感想

原作はブログの小説なんですね。
存在を知りませんでしたが、なかなかのものです。

すっきり気持ちよく終わりました。
映画はこうじゃないと。後味が三ツ矢サイダーのよう。


前半のショートコントは好き嫌いがあるかと思います。
個人的には良くできていると思います。

プラン9のコントみたいに。

前半のちゃらんぽらんさと
最後のほうの展開のギャップがいいですね。


しいて言えば、映画向きじゃないかも。


クドカンあたりに脚本書かせて
連ドラがいいんじゃないでしょうか。


駐在は佐々木蔵之助がベストです。


DMCでも思いましたが
原作の切り出しがうまいんでしょうね。


詰め込みすぎ感はなく、
適当におなかがいっぱいになりました。



ホームページ(音あり)
http://bokuchu.gyao.jp/

++++++++++++++++++++++
2008 ギャガ
監督:塚本連平 
出演:市原隼人  佐々木蔵之介  麻生久美子
    石田卓也 加治将樹 石野真子  竹中直人  


posted by オーゴン at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

【ニュース】「猫カフェ」と「たまごがけごはん専門店」

週末、たまたま知ることになったこの2つ。

世の中にはいろんなお店があるんだなぁと思いきや
調べると1軒や2軒ではないのでさらに驚き。


ひとつめは「たまごがけごはん専門店」。
たまたま見ていたテレビで紹介していました。


tamago.jpg
kamecchi.jpg

「かめっち食堂」
岡山県の美咲町というところが
町おこしで3セクでやっているようなのですが
これが大繁盛しているそうで。
http://nr.nikkeibp.co.jp/selection/20080422/

たまごもごはんも全部町で作っているそうで、
土日は1時間待ちもあたりまえなんだとか。

すごい発想だなぁと思ったら
もっとまえから豊岡(但熊)など他にもあるんですね。


残念なのはどちらもHPがなくてブログの紹介が中心なんですね。
作ってあげたいくらいです。


もう一つは「猫カフェ」
nekokafe.jpg


ねこと戯れるカフェ。

これも斬新だなぁと思ってたんですが
検索してみたら、チラホラあるんですね。

たしかに、私にはキャバクラより
猫キャバの方が癒される気がします。


どちらも年内には行ってみて、
後日、何か書いて見ようと思います。

posted by オーゴン at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【邦画】うた魂

うた魂



 うた魂

 るんるんるんるんるんるん
 お勧め度60%




あらすじ

歌声とルックスに自信を持つ、合唱部のソプラノパートリーダーのかすみは、写真に写った自分の姿にショックを受け、退部を決意する。だが、他校の男性合唱部の熱い歌声を聴いた彼女は、再び合唱への情熱を取り戻す。


=======================================================

感想

もうひとひねりあって終わってもいいんじゃないかと。

テンションも学園モノとして
スイングガールズあたりとカンジがかぶっていて
なんかオリジナル性が欲しかった気がします。

まあ、夏帆やゴリ、薬師丸など
なかなかの好演でした。

夏帆に何度も「フルチン」と叫ばすのは
いかがなものか。


夏帆好きの人にはお薦めです。


ホームページ
http://www.utatama.com/

++++++++++++++++++++++
2008日活
監督:田中誠 
脚本:田中誠 
出演:夏帆  ゴリ 石黒英雄 徳永えり
 亜希子 岩田さゆり ともさかりえ
  間寛平  薬師丸ひろ子 


posted by オーゴン at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。