2009年10月25日

【邦画】沈まぬ太陽

sizumanu.jpg


 沈まぬ太陽
 るんるんるんるんるんるん
 お勧め度60%


=======================================================

感想


山崎豊子作品らしくテーマが大きくいい作品なのかもしれない。
が、それぞれの深いテーマを掘り起こしていくには
3時間半でも足りないような気がした。

演出として、事故の場面はグっと来るものがあった。

しかし、アフリカ編、会長室編は淡々と流れた感じがする。

三浦友和のこにくたらしさといえば、それはもう酷いのだが
勝った負けたとかがはっきりある訳でなく、なんともいえない終わり方だ。

今回、前後編などに分けずに一本で製作したのは
山崎豊子の意向も強く働いたようだが
分けてでもじっくり問題を訴えかけてほしかった気がする。

3時間の野球の試合を、打ったシーンだけひたすらつなげて
1時間にまとめたみたいで、切る部分はきって、魅せる部分は魅せてと
もっとポイントだった回の駆け引きをクローズアップしてほしい感じでした。

それだけ長編作品を短くまとめるのが難しいということでしょうか。

ただ、渡辺謙を中心に、彼を支える鈴木京香や柏原崇、
ライバルの三浦友和、その他脇役陣はすばらしかったと思う。
そういう意味では、監督の演出はよくて、脚本がもうひとつなのか?

テーマとしては、JALの再建問題やJR西日本の問題がリアルに重なるので
色々考えさせられるところはあります。

今、私は30代ですが、そこまで理不尽に耐えなくてもやめればいいじゃないかと
思う若い人は多いと思います。時代が違うから。


渡辺謙の頑張りは凄かったですが、それに負けず劣らず
三浦友和がどんどん悪くなっていき、かつ出世していくのが
なんとなく、社会ってそんなモンかもなって、納得させられそうです。

悪代官と越後屋的な利権の構造が今でも多々ある訳で
人が人である限り、なくならないんでしょうね。

動物園のシーンで、動物側から見たオリに
「もっとも恐ろしい動物 人間」的なことが書いてありましたが
本当にそうですね。

正しい者必ずが勝てる訳ではないのは現実社会が実際そうなので
映画の中くらい気持ちよく正義が悪を倒して欲しいかもしれません。

沈まぬ太陽 ホームページ
http://shizumanu-taiyo.jp/

++++++++++++++++++++++
2009 東宝
監督: 若松節朗
出演:渡辺謙 三浦友和 松雪泰子 鈴木京香
石坂浩二  
posted by オーゴン at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

【NEWS】ばっかじゃない?

【千葉・パン窒息死】
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1185720.html

坊やには悪いけど、本人に非があるでしょう。
親も親だよ。
早食いとか。関係ないじゃん。バカモンペ。
バカだよ、親子そろって。太りすぎだよ。食いすぎ。
「これでは、息子がただのバカです」
そんな風にしたんだよおまえが!
挙句の果てに人のせいにして、バカにもほどがある。


いじめられて、口に詰め込まれたのなら別ですが。


早食いなんか、学校も認めりゃいいじゃん。
世論が味方するよ。責任ないって。

認めても、ちゃんとしつけろって親をおこればいいじゃん。
ゆっくり噛めよ。飯ぐらい。

マスコミもこんなこと取り上げて、恥ずかしいと思ってくれ。

posted by オーゴン at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

土岐麻子 邁進!

大好きな「くるり」の“さよならリグレット”。
これまた大好きな元「Cymbals」の土岐麻子がコーラスをしています。

個人的には夢のようなコラボレーション!


土岐麻子はさらにユニクロのCMにも出演中。
要チェックです。










posted by オーゴン at 00:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

【ニュース】<こんにゃくゼリー>マンナンライフが製造中止

<こんにゃくゼリー>マンナンライフが製造中止
konnyaku.jpg

こんにゃく加工品メーカー「マンナンライフ」(本社・群馬県)は7日、兵庫県の1歳男児が今年7月に食べ窒息死したミニカップ入りこんにゃくゼリー「蒟蒻(こんにゃく)畑」の製造中止を決め、卸売会社に通知した。マ社品質保証室は「警告マークを大きくするなど行政に要請された改善策に応じられないため」と説明している。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081008-00000012-mai-soci


-------------------------------------------------------------

おかしい。

これが駄目なら、「もち」なんて絶対売るべきでない。
毎年誰か死んでるでしょ。

タバコも駄目だし、だんじりもできない。
死につながるから。


行政に要請された改善策に応じ(られ)ないで、
「製造を中止」する事はマンナンライフの抵抗なんでしょう。

でも、こんな事やってたら
どれだけ企業が頑張っても、バンバンつぶれてしまう。


子供や老人にが食べるときは注意しなさいと
ちゃんと書いてあります。

ドラッグストアのポップにも書いてあるときがあります。


ちゃんと食べている人は、おいしく食べているのに。


今回も、子供でしょう。
食べさせる人の問題でしょう。
親の問題でしょう。


こんなことやってたら何も売れないし
消費者として買う事もできません。


行政は何をやっているのでしょうか。
ズレています。感覚が。


もっと産地偽装を取り締まるとか
消費期限を守らせるとか、食品に関する行政では
もっとやるべき事がたくさんあるだろう。

こんなもの
メーカーからすれば、ちゃんと気をつけろで済む問題ですよ。

餅も本当に一個一個に「危険」って刻印しないといけないね
じゃなきゃ圧倒的に不公平だ。
posted by オーゴン at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

【スポーツ】お疲れ様でした。

kiyohara2.jpg

ものごころがついたころからといったら大げさだけれども
僕の人生の中では、今までずっと野球界にいた清原。
彼を目標に野球をはじめました。正確には彼とバースを。

PLに入って甲子園に出ようと、タッチを見ながら本気で考えていました。


甲子園で夢を見させてもらい
かっとばせ!キヨハラくん(コロコロコミック)で笑わせてもらい(ほとんど桑田)
あやうく阪神の縦じまが横じまになる危機を起こした
どうみても野球選手というよりヤクザか格闘家の真っ黒なオッサン。


長渕剛が「とんぼ」を熱唱という
コントみたいな最後を涙でグシャグシャになって
普通にやってのけた彼がとうとう引退した。


正直ものすごく寂しくおもいます。


僕が田淵は西武時代とマンガでしか知らないように
今の若い人は、せいぜい巨人くらいからの真っ黒な彼しか知らないんだろうな。


彼が華々しく引退できたのも、偉大な仰木監督のおかげですね。
桑田もあんなふうに、引退させてあげたかったです。


今日は、各スポーツニュースが清原を取り上げたので
若い頃の貴重な映像をたくさん見れました。


みんな思ったでしょう。

昔はあんなに細かったのに
どうしてあんなふうになっちゃったんだろう??



ただ、巨大化したのではなくて、ちゃんと肉体改造したんですよ。

なにはともあれ、お疲れ様。
posted by オーゴン at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。