2009年10月28日

野村監督

nomura.jpg

先日の報道ステーションで野村監督の特集をしていました。

そこで座右の銘としての言葉が紹介されていました。
心に響く名言だと思います。

財を遺すものは下

仕事(事業)を遺すものは中

人を遺すものは上



”人を遺すは上”。

ステキな考え方だと思います。



野村監督はその言動が言動なので、好き嫌いがあるかと思います。

私も昔は嫌いでした。

ただ、楽天の監督になってからは
ヤクルト・阪神時代と少し違う感じを強く受けていました。
丸くなったというか。愛情を持つようになったというか。


今彼はかつて無いくらい、世間に持ち上げられていると思います。
だから、ファンにも選手にも、今まで無かったような謙遜した言葉が出てくるようになったんだと思います。


そりゃ、王や長島レベルになったら
人の悪口なんかいえないですよ。


また、彼がよく言う「結果オーライは嫌いなんですよ」
という発言にも共感できます。

大体そういう人は、その場しのぎの無計画な仕事をするので
どこかで立ち行かなくなります。


しかし、正直、いなくなると寂しくなりますね。

少なくとも、楽天のスポーツニュースの露出は減るでしょう。

今年で引退といえば、今日はスポルトで引退特集をやっていましたが
MBSせやねんの引退特集のほうが全然よかったので
是非見ていただきたいです。



posted by オーゴン at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

【スポーツ】お疲れ様でした。

kiyohara2.jpg

ものごころがついたころからといったら大げさだけれども
僕の人生の中では、今までずっと野球界にいた清原。
彼を目標に野球をはじめました。正確には彼とバースを。

PLに入って甲子園に出ようと、タッチを見ながら本気で考えていました。


甲子園で夢を見させてもらい
かっとばせ!キヨハラくん(コロコロコミック)で笑わせてもらい(ほとんど桑田)
あやうく阪神の縦じまが横じまになる危機を起こした
どうみても野球選手というよりヤクザか格闘家の真っ黒なオッサン。


長渕剛が「とんぼ」を熱唱という
コントみたいな最後を涙でグシャグシャになって
普通にやってのけた彼がとうとう引退した。


正直ものすごく寂しくおもいます。


僕が田淵は西武時代とマンガでしか知らないように
今の若い人は、せいぜい巨人くらいからの真っ黒な彼しか知らないんだろうな。


彼が華々しく引退できたのも、偉大な仰木監督のおかげですね。
桑田もあんなふうに、引退させてあげたかったです。


今日は、各スポーツニュースが清原を取り上げたので
若い頃の貴重な映像をたくさん見れました。


みんな思ったでしょう。

昔はあんなに細かったのに
どうしてあんなふうになっちゃったんだろう??



ただ、巨大化したのではなくて、ちゃんと肉体改造したんですよ。

なにはともあれ、お疲れ様。
posted by オーゴン at 03:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

【スポーツ】広岡氏“一喝”星野がWBC監督になれば日本は滅びる

hirooka.jpg



北京五輪で惨敗した星野仙一氏にWBC監督辞退勧告!! 巨人OB会副会長で、監督としてリーグ優勝4回、日本一3回を誇る広岡達朗氏(76)はそれが日本球界のためにも、星野氏自身のためにもなると断言する。

 「星野がこのままWBC監督の座に就くようなことがあったら、日本は滅びますよ。『けじめをつける』『筋を通す』のが日本の大切な国民性。それをないがしろにしてはならない」

続きを見る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080903-00000010-ykf-spo
-------------------------------------------------------------

100%正しいと思います。
ぶっちゃけ阪神ファンだから、星野監督には恩があります。

しかし、これはこれ。それはそれいい気分(温泉)

最近、どこの世界でもそうだが、誰も「責任」をとらない。
今回は敗戦を喫した星野監督、そして星野を推した人は責任を取らないと。

星野監督はこれが俺のやり方だから、と、述べています。
そうです、短期決戦でも関係ないのです。
そして、戦略を変える気もない。どれだけ結果が出なくても。
確かに、思うようにしなくて結果がでないこともあります。

どうせ責任を取らなければならないなら、
思うようにやるのが一番です。

ということは、彼の考え方は短期決戦向きではないので
最初から選ぶべきではない⇒推薦して選んだ人間が圧倒的に悪いのです。

その辺のところ、さすがに広岡氏、よくわかってらっしゃる。

カリスマ性は大事、でも、それだけでは。。。
最後のカリスマ王監督も、いい年です。

そろそろ次世代の優秀な人材を育てては?と思うのです

変わりなんていくらでもいるさ猫


自民党もそう。

一年前、福田を選んだのです。
選んだからには、全力でサポートして支えて、
絶対辞めさせてはいけません。選んだ奴にも責任があるのです。

総裁選ではまた、麻生の対抗馬的な、適当な候補者を
無理に立てようとしています。また、同じことをしているのです。
完全に国民不在。

たぶん、次の選挙で責任は取らされます。

文句を言うのがダメなら、海外に住むしかないのでしょうか。
日本は嫌いじゃないのですが。


posted by オーゴン at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

なんか悪いか? 高校野球特待生!

わが阪神タイガースはゴールデンウィークに突入!
現在4連休。(ノД`)カナシイ…

昨年9月の追い込みは何だったのでしょう?

ちなみに、永遠のライバル「オレ竜」は6連休中(^m^*)

パワプロやってると飛びぬけて強いんだけど。


ちっともプロ野球に関心がもてない今のタイミングに
急に持ち上がった「特待生制度」問題。

何で今さら?&何か悪い?
と思うのです。

学校と本人、双方に利点があるんだから
いいと思うんだけどね。

能力を伸ばす環境を整えてあげればいいじゃんね。

だってねぇ。昔からあるよね。常識だよね。

中学のとき友人が、親孝行だと言って
そんな制度のある某高校へ進学したときは感心したものです。


今から廃止するってのは困る家庭が出てきますよね。
最悪、サラ金に手をだして家庭崩壊ってのもありうると思うのです。

なにか、救済制度を作ってからでないとまずいっしょ。
今年までは、よしとするとか。

国がスポーツ専用の奨学金制度を作ればいいのかな?


他のスポーツはいいんでしょう?
おかしいよね。
そこは全部統一したほうがいいですよね?不公平だし。


なんだかんだ「野球」は特別なのかなぁ。

朝ズバ調査では70%は別にいいんじゃない?
って思っているようで。


春の大会だけ出れないとかっていうのも
なんか変だしなぁ。

それより高野連、ちゃんとホームページ作って欲しいね。
大阪高野連なんか、「大阪府高校野球連盟」で検索しても
現れる気配すらない。なんじゃそれ?┐(-_- )┌
posted by オーゴン at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

岡島対城島 裏日本人対決!

「日本人対決はイチローさんと松坂だけ。
岡島さんと僕が対決したときは、2人で盛り上がりましょうって
話していました。“裏日本人対決”でね」


イチロー対松坂の初対決があった日、
7番で出場し、2本の2塁打を放った城島のお言葉。

そんな城島は、今日現在、一打席だけ規定打席数に足りず
「裏首位打者」らしい。

日本人が外国で活躍することは、すばらしいことだと思います。
が、報道に偏りがありすぎですよね。

このとき、松坂は負け投手。
対戦投手は1安打完封勝利。
しいて言えば城島のリードも相当よかったはず。
でも、ほとんど報道されていません。。。

いくら、世紀の対決とはいえ、
他をないがしろにしすぎだと思うのです。

城島には、発言のユーモアさも含め、「天晴れ!」をあげましょう!

マスコミには「喝!」です。
ラベル:松坂 城島
posted by オーゴン at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

開幕! 春は野球です(^.^

昨日、社内の草野球リーグ開幕戦が行われました。

残念ながら、勝利できませんでしたが、
個人的な成績は3打数1安打でまずまず。

枚方大橋近くの河川敷、人工芝の「淀川スタジアム」でのゲームは、
天気も良く、一般のお散歩中の観客や、選手の家族なども集まり、
楽しく土曜の午後をすごしました。

周りではバーベキューをする若者、キャッチボールする親子
散歩する老夫婦など、いかにも休日の公園といった感じ。
まさに春の休日でした。

0704141.jpg0704142.jpg
ラベル:草野球
posted by オーゴン at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。