2008年02月11日

【邦画】歓喜の歌

歓喜の歌
 歓喜の歌

 るんるんるんるんるんるんるんるん

お勧め度 80%


あらすじ
町の文化会館に勤める飯塚は、明日の大晦日のコンサートに、まぎらわしい名前のママさんコーラス・グループをダブル・ブッキングしたことに気づく。双方とも頑として出演を譲らず、調整役の飯塚は板挟みになっていく。

=======================================================

感想

原作が落語ということもあってか、細かく笑いがあって良かったです。
テンポがよかった。

小林薫、グッジョブですね!
こういう役をやらせたら、抜群です。


効果音なんかも、軽いのりで、トラブルを予感させるし
小林薫の無責任なとぼけっぷりが、非常に面白い。

口ばっかりで、予想通りのダメッぷりが毎度楽しませてくれる。

最後のほうの、リフォーム大田の客、筒井道隆とのやりとりとか、ほんと面白かった。

ほかにも、久々に見た「安田成美」。
キャラが意外としたたかで、リーダシップ、明るい、チョイ悪、オッチョコチョイなど、
さまざまな面を見せるキャラターを好演しています。


笑いの中にも、時々ジーンとさせる部分もあって、よかったですね。

みんなで見る、昔のお正月映画ってカンジ。
邦画独特のコメディの間を感じました。
癖がなく、誰にでもお薦めできる内容でした。

らんちゅう、かわいそうに。。。


++++++++++++++++++++++
2008年 シネカノン
監督:松岡錠司
原作:立川志の輔
出演:小林薫  安田成美  伊藤淳史  由紀さおり  浅田美代子
   藤田弓子  田中哲司  根岸季衣  光石研  筒井道隆
   笹野高史 

posted by オーゴン at 20:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小林薫は好きだす。
Posted by YASU at 2008年02月13日 10:28
小林 薫さん。
日本アカデミー賞受賞おめでとうでした。

本作品でも、賞がとれるとよいですね。
Posted by ゴン at 2008年02月16日 11:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。