2007年08月05日

【ドラマ】北の国から 84夏




最近であった人が、たまたま好きだったということで
思い出したように、週に一本程度「北の国から」を見ています。

過去の作品を思い出すために、一気に見たりすることがあり
それを「復習」と名づけております。

「北の国から」の復習は過去2回。

たぶん2000年。あの時は連続ドラマから延々と見ました。
とても昭和な匂いが漂っていました。
五郎(田中邦衛)は最初いかに若かったか。
びっくりさせられます。

2回目は遺言が放送されたときに
その遺言の放送前に何週か何夜かわかりませんが
古いシリーズの再放送があったので見た記憶があります。

となると、5年ぶりの鑑賞です。

特に順番に見るわけでなく、ランダムに見ているわけですが
今日見たのはスペシャル版第2作目「84夏」。

本作品、一番印象にのこるのは

その冒頭、東京から来たクソガキが言い放ちます。

「もうチョットしたらパソコンの時代がくるんだぜ!
 そしたら、買い物だって家で出来るし、仕事だって
 会社に行かなくて家で出来るんだぜ!」

84年といえば阪神がバース・掛布・岡田の活躍で
優勝する一年前。

まあ、あの頃から、なんとなくみんなわかってたんですね。
今のこのネットの環境の発展を。

確かにそんな感じのことを、90年代初頭の中学生時代に
感じなくもなかったような気もします。

なぜ、「ホリえもん」のようにもっとコンピュータについての勉強を
しなかったのか悔やまれます。

ちなみに当時の僕は本気でプロ野球選手(阪神)になる気でいたので
ネットで一儲けしようという気はなかったわけですが。

ちなみに「蛍」はこの頃が一番かわいかったのでしょうか。
あとで不倫など、ドロドロの恋愛を繰り返すとは
このときは知る由もありません。

ちなみにマイベスト「北の国から」は 87初恋です。













posted by オーゴン at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50321082

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。