2008年09月03日

【スポーツ】広岡氏“一喝”星野がWBC監督になれば日本は滅びる

hirooka.jpg



北京五輪で惨敗した星野仙一氏にWBC監督辞退勧告!! 巨人OB会副会長で、監督としてリーグ優勝4回、日本一3回を誇る広岡達朗氏(76)はそれが日本球界のためにも、星野氏自身のためにもなると断言する。

 「星野がこのままWBC監督の座に就くようなことがあったら、日本は滅びますよ。『けじめをつける』『筋を通す』のが日本の大切な国民性。それをないがしろにしてはならない」

続きを見る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080903-00000010-ykf-spo
-------------------------------------------------------------

100%正しいと思います。
ぶっちゃけ阪神ファンだから、星野監督には恩があります。

しかし、これはこれ。それはそれいい気分(温泉)

最近、どこの世界でもそうだが、誰も「責任」をとらない。
今回は敗戦を喫した星野監督、そして星野を推した人は責任を取らないと。

星野監督はこれが俺のやり方だから、と、述べています。
そうです、短期決戦でも関係ないのです。
そして、戦略を変える気もない。どれだけ結果が出なくても。
確かに、思うようにしなくて結果がでないこともあります。

どうせ責任を取らなければならないなら、
思うようにやるのが一番です。

ということは、彼の考え方は短期決戦向きではないので
最初から選ぶべきではない⇒推薦して選んだ人間が圧倒的に悪いのです。

その辺のところ、さすがに広岡氏、よくわかってらっしゃる。

カリスマ性は大事、でも、それだけでは。。。
最後のカリスマ王監督も、いい年です。

そろそろ次世代の優秀な人材を育てては?と思うのです

変わりなんていくらでもいるさ猫


自民党もそう。

一年前、福田を選んだのです。
選んだからには、全力でサポートして支えて、
絶対辞めさせてはいけません。選んだ奴にも責任があるのです。

総裁選ではまた、麻生の対抗馬的な、適当な候補者を
無理に立てようとしています。また、同じことをしているのです。
完全に国民不在。

たぶん、次の選挙で責任は取らされます。

文句を言うのがダメなら、海外に住むしかないのでしょうか。
日本は嫌いじゃないのですが。


posted by オーゴン at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。