2009年10月28日

野村監督

nomura.jpg

先日の報道ステーションで野村監督の特集をしていました。

そこで座右の銘としての言葉が紹介されていました。
心に響く名言だと思います。

財を遺すものは下

仕事(事業)を遺すものは中

人を遺すものは上



”人を遺すは上”。

ステキな考え方だと思います。



野村監督はその言動が言動なので、好き嫌いがあるかと思います。

私も昔は嫌いでした。

ただ、楽天の監督になってからは
ヤクルト・阪神時代と少し違う感じを強く受けていました。
丸くなったというか。愛情を持つようになったというか。


今彼はかつて無いくらい、世間に持ち上げられていると思います。
だから、ファンにも選手にも、今まで無かったような謙遜した言葉が出てくるようになったんだと思います。


そりゃ、王や長島レベルになったら
人の悪口なんかいえないですよ。


また、彼がよく言う「結果オーライは嫌いなんですよ」
という発言にも共感できます。

大体そういう人は、その場しのぎの無計画な仕事をするので
どこかで立ち行かなくなります。


しかし、正直、いなくなると寂しくなりますね。

少なくとも、楽天のスポーツニュースの露出は減るでしょう。

今年で引退といえば、今日はスポルトで引退特集をやっていましたが
MBSせやねんの引退特集のほうが全然よかったので
是非見ていただきたいです。



posted by オーゴン at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。