2008年08月29日

【ニュース】美しいミス




たまたま、製造工場の従業員を撮ったものが残ってしまった。

まあ、従業員に非が無くもないこの一件について、従業員を責めることなく、
「ミスが起こる」ということは避けられないものとした上で
「美しいミス」として位置づける(ネーミングも良い)という会社の姿勢、考え方。

すばらしいなと思いました。


彼女の笑顔も素敵で、何不満なくということは無いだろうけど
こうして冗談交じりに楽しく仕事をしているんでしょうね。

写真が変なオッサンじゃなくてよかったわーい(嬉しい顔)
posted by オーゴン at 11:55| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ニュース】北京前に言って…新井「6月から折れてた」

北京前に言って…新井「6月から折れてた」

arai.jpg



北京五輪日本代表で4番を務め、帰国後に「第5腰椎(ようつい)の疲労骨折」と診断された阪神・新井貴浩内野手(31)が衝撃の告白だ。27日、西宮市の虎風荘で電気治療を終えると「北京に行って折れたわけじゃない。6月中旬から折れていたと思う。痛みは6月から変わらない」と明かした。

 帰国翌日の25日、大阪市内の病院でCT検査を受けた。先月16日のMRI(磁気共鳴画像装置)検査では「左第4、第5腰椎の椎間関節炎」と診断されたが、状態は大きく悪化していた。腰痛を抱えた状態で9試合にフル出場したことが要因と受け止められても仕方ない。痛みを押してプレーした背景には「ジャパンの4番は新井」と明言していた星野監督への感謝の思いが確かにあった。「トレーナーに“限界を超えているからやめてくれ”と言われていたのを振り切って出場していた。誰が悪いとかはない。自分が一番悪い」と自らの責任とも強調した。ただ新井の心中は理解できても「日本の4番」が万全のコンディションとは程遠い状態でバットを振り続けたことには変わりない。

 「今は治すことに専念するしかない」。今週は屋外には出ず、福原が右手人さし指を骨折した際も行った超音波治療と、マッサージに専念する。復帰の時期は未定でも、それが今、新井にできることだ。

http://sports.yahoo.co.jp/news/20080828-00000000-spn-spo.html

*****************************************************

なんなんでしょ。

もし金メダルとってたら、感動話になるのかも知れないけど
ちょっとした問題になりますよね。

新井ね。タイガースの試合も出れなくなるしね。
星野もね。

勝ってれば誰も何にも言わないんだけど。

ところで、今日球児は打たれましたが
五輪組は帰ってきてからなかなか活躍してますよね。
ヨカッタ(^^♪

GG佐藤、レーザービームを披露していましたね。
いやなことは忘れてどんどん活躍して欲しいものです。
posted by オーゴン at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【邦画】デトロイトメタルシティ

デトロイトメタルシティ



 デトロイトメタルシティ

 るんるんるんるんるんるんるんるん
 お勧め度90%


あらすじ

純朴な青年、根岸崇一(松山ケンイチ)は、
ポップミュージシャンを目指して大分県から上京する。
だがひょんなことから人気悪魔系デスメタルバンド
“デトロイト・メタル・シティ”のギター&ボーカルとして
活動することになる。彼らのデビューシングルは
大ヒットを記録し、崇一は自分の意思とは関係なく
カリスマ悪魔歌手に祭り上げられていく。


=======================================================

感想


原作をよく知っているのですが、
よくできていて面白いと思いました。


ノリが邦画というより、洋画でしたね。
三谷さんみたいに、仕込んで笑わすというより感覚の笑い。

そもそも、マンガの内容が馬鹿げた話ですからね。


原作を知ってたら、アレを出して欲しかったとか
この人にして欲しかったとかいろいろあるわけですが
何も知らずに見に行けば、B級コメディ的な要素満載の
この映画は楽しめると思うのです。


へヴィメタル、というかデスメタルがテーマなので
子供にはきついとか、中学生のデートにはどうかとか
いろいろありますが、まあ面白いですよ。


要はクラウザーさんのファン(大倉孝二)の突っ込みですね。
隣はアジアン馬場園かと思いましたが似たカタチの違う人の様です。
松雪は少しウキすぎ感が。

冒頭のカジヒデキ登場は30代をアツくさせます。

見に行くと、しばらくの間は言葉が汚くなります。

「SATUGAIせよ!」




ホームページ(重過ぎる)
http://www.go-to-dmc.jp/index.html

++++++++++++++++++++++
2008東宝
監督:李闘士男
脚本:大森美香
出演:松山ケンイチ  加藤ローサ 秋山竜次 
細田よしひこ  松雪泰子  ジーン・シモンズ 

posted by オーゴン at 01:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画(邦画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。